ちょん・ひょんしるの薬膳講座

桔梗

のどの健康と、冷え性に

 

 

キキョウの根には「キキョウサポニン」という成分が含まれています。 サポニンはえぐみがあり、その水溶液は持続性の泡をつくる特徴があります。 その泡立ち作用で、界面活性効果があり痰が出やすくなるので、古くから去痰(きょたん)、鎮咳(ちんがい)の薬草として用いられてきました。


韓国の食卓には、よくキキョウの根を使った料理がのります。根を生のまま甘酸っぱく和えた料理や、干したものを戻してナムルのように炒めたものなど、料理法もさまざまです。


祖母は、私ののどの調子がわるいと、必ずキキョの根の料理を食べさせてくれました。また、冷え性にも良いらしく、祖母は家に人が来ると手足を触っては、「キキョウを食べなさい」とお料理を勧めていたことを覚えています。

 

桔梗 キキョウ
桔梗 キキョウ

PhotoGallery

小さなブティック登場!

いやしカフェの店内いちばん奥に、洋服、バッグ、アクセ、人気の韓国コスメや可愛い雑貨を揃えたコーナーがあります。眺めるだけでも楽しいですよ!

NPO法人ふくかんねっと
facebook ちょん・ひょんしる