ちょん・ひょんしるの薬膳講座

チク(葛根)

若くありたいと願うのは、万国の女性共通なのです

 

 

チクとは、葛根のことです。
山野に自生するつる性多年草で、韓国では古くから家庭で根を乾燥して茶にして飲んでいました。

 

チクには、女性ホルモンである植物性エストロゲンがザクロの600倍以上含まれていると言われ、更年期の女性、特に骨粗鬆症によいとされているようです。


私の祖母は、チク茶を飲むと「いつまでも若くいられるよ」と言っていたものでした。つまり老化防止にいいと言いたかったのでしょうね。

 

 

PhotoGallery

小さなブティック登場!

いやしカフェの店内いちばん奥に、洋服、バッグ、アクセ、人気の韓国コスメや可愛い雑貨を揃えたコーナーがあります。眺めるだけでも楽しいですよ!

NPO法人ふくかんねっと
facebook ちょん・ひょんしる